ブログトップ | ログイン

estpanis&fcstudio

fcst.exblog.jp

<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

かぼちゃパンとさつまいもパン

a0043319_15473329.jpg
今月のパンレッスンはかぼちゃパン(写真右)。パン生地にかぼちゃを練りこんでいます。かぼちゃのでんぷん質が加わってもっちりとした引きのあるパンになっている。ふんわりもっちりで、なかなか人気の出そうな予感。というか、わたしが個人的に気に入っている。
レッスンでは鶏のリエットをはさんでサンドウィッチを作っているのですが、ちょっと厚めのスライスにしてトーストでも美味しいのではないかと思う。

きょうはレッスン前に時間があったので、さつまいもパン(写真左)の試作もやってみました。かぼちゃパンといい、さつまいもパンといい、全然フレンチっぽくないメニューだけど、気に入ってしまったので仕方ない。明日はこれで久々のホットサンドもやってみよう。
by AkikoNakamura | 2006-10-30 15:54 | fcstudio

新米~いただきます!

a0043319_13293813.jpg待ちに待った田中さんの新米!!
ご飯が炊き上がって鍋の蓋をあけると、ああ、田中さんのお米の香りが・・・いたします・・・ほのかに草の香りがするんですよね。その香りがスイッチになって、心はいきなり八郷(←田中農園のあるところ)へと飛ぶ。

普段食べているもののルーツを知っているというのは、とても素敵なことだ。
畑や田んぼの風景を知っている、採ったばかりの野菜がどれだけおいしいかを知っている、農作業の大変さもちょっとだけ知っている、そして、あの場所の空気や太陽の日差しや土の感触を知っている。そんなことを知っていると、お米のおいしさを喜ぶ気持ちが増して、自然に感謝の気持ちがわいてくる。
by AkikoNakamura | 2006-10-29 13:28 | ゆるベジ

誕生祝い

a0043319_1310443.jpg
fcstudioスタッフのtommyの誕生日を祝って中目黒のコムダビチュードへ。その日は満席で、私たちが座ったのはカウンターの席。キッチンのすべてが見渡せるので逆にとても楽しかった。デザートの前のチーズがメニュに組み込まれており、40種類以上の中から好きなものを選べる。
オリジナルのウォッシュタイプチーズもあって、これがけっこうおもしろい。カルバドスで洗ったものにヘーゼルナッツをまぶしてあったり。
前菜、メイン、チーズ、デザート、コーヒーで¥6,800。驚きのコストパーフォーマンスだと思う。

ひと月近くも遅れての誕生日祝いだったけれど、充実のディナーをいただきながら話もはずんで楽しい夜でした。
by AkikoNakamura | 2006-10-28 13:10

石焼き芋、改訂版

a0043319_9472119.jpg石焼き芋、前回よりこっちの方が断然いいのでご紹介。
ルクルーゼやストウブだと、空焚き厳禁とか言われるし、値段もそれなりにするお鍋なので万が一エナメル加工がはがれちゃったりしたら、なんて思うとむやみやたらな使用はできない。
その点このダッチオーブン、ロッジだとのびのびといろんなことを試すことができるので楽しい。
キャンプでは炭火の中に突っ込むこともあるというくらいなんだから。少々のことでは驚かない鍋でしょう。

ロッジのスキレットに石を並べてその上に二つに切ったさつま芋をのせて蓋をする。とにかく弱火で30分くらい。意外にもけっこう早く焼けました。火を止めてしばらくそのまま置いておくとほこほこ焼き芋のできあがりです。

ああ、ダイエットはまだまだ遠い。
by AkikoNakamura | 2006-10-27 09:56 | ゆるベジ

なべじまん

a0043319_9235844.jpg鍋のラインナップが相当ふえた。レッスンにいらした方は、もういや、というほど聞かされた話なので恐縮ですが。
長年のパートナー、オールクラッドに合わせて、黒で統一。ロッジとストウブが加わって、ポットスタンドの素材感とも調和しているような気が・・・

ポットスタンドと言えば、これはもう10年くらいも前、ウィリアムズソノマの閉店セールで買ったもの。当時はかなりお手ごろ価格になっていたのでひとつ買っておこう、ぐらいの軽い気持ちだったが、今はどんなに探しても見つからない。
インターネットで検索したって、見つけられない。みなさん、がんばって探し続けましょう!

どんな鍋を持っているかで、どんな料理をつくる人なのかと、なんとなく想像できてしまうくらいに重要なポイント。やっぱり、鍋、見せましょうよ。
by AkikoNakamura | 2006-10-26 09:37 | 器、雑貨

作っておいてよかった

a0043319_15192829.jpgゆかりをつくっています。ごはんのふりかけでおなじみですね。
梅と一緒に漬けておいた赤しそをからからになるまで天日干しにして、ざるの上で粉にするとゆかりになるわけです。(時間のないときは電子レンジでも可)おいしいですよ、自家製ゆかり。

以前、梅干を作るつもりが作らなくなって、それで余ってしまった赤しその塩漬けがずっと冷蔵庫の中にありました。それをゆかりにしているのです。



a0043319_15315952.jpg大量のゆかりはトルコ料理のドマテスエズメスを作るために使われています。(旅の料理でおなじみ土器さんのレシピです)トルコでも赤しそのような葉を干して粉にするらしいんですね。トマトや野菜と混ぜ合わせてペーストにして、パンに塗って食べます。自家製のゆかりは複雑な味わいと濃厚な色を加え、やさしい酸味で楽しませてくれる。過ぎた夏をちょっぴり思い出すって感じのメランコリーな味でした。
by AkikoNakamura | 2006-10-16 15:38 | ゆるベジ

ラスク

a0043319_15412024.jpg大量のラスクです。売るほどあります。
先日のパーティで余ったバゲット4本分ですから。
マロングラッセが漬かっていたシロップ、捨てるのはもったいないと取ってあったので、そのシロップにバゲットスライスをひたし、ココナッツをふりかけて弱火のオーブンで焼いてみました。
ラスクって、焼き加減がけっこう難しい。焼きすぎるとガチガチになっちゃうし。

残り物だけで、おやつが一品できるっていうのはちょっとうれしい。
by AkikoNakamura | 2006-10-15 15:39 | ゆるベジ

パーティ料理

a0043319_1522532.jpgこの前作ったパーティ料理。えびのスパイシー串焼きとガルバンゾ豆のコロッケ。あとこのほかにクスクス。平松洋子さんがドゥマゴ文学賞を受賞されてそのパーティのための料理を作ったのだ。大盛況なパーティで、こんなハレの日の料理をつくることができてとてもうれしかった。
頼まれるとどこででも料理するし、作った料理を運んで行ったりもする。デリバリー用のバイクで買出しから何から走り回っているので、そこそこの稼動力がある。っていうその辺を買っていただいているのだろう。

大家族の中で育ったわたしは、毎日の来客へのもてなしの手伝いが日課だった。といっても、テレビやマンガに夢中な年頃なもんだから、いい場面は少しでも見逃したくはないわけで、コマーシャルになると勢い良く立ち上がり、大急ぎでお茶をいれて羊羹を切り応接間へ駆け足で運ぶのだ。それでも、10回に一度くらいきょうのお茶はおいしかったよ、と祖父が言ってくれるのがうれしくて、その手伝いは小学生の低学年の頃から中学生くらいまでは続いていたように思う。
そして夜になり、お客様が何人か集まると、そのまま宴会へと流れることも多く、料理の手伝い、お運びの手伝いなど下働きも充分に経験した。

核家族化が進み、外食産業が繁栄した今となっては、あの頃とすべてが違う。何から何まで家族で作った料理でお客様をもてなすなんていうことは、今では逆に贅沢なことのような気さえする。

今、わたしのしてること、子どもの頃の自分の延長線上にあるんだな、って、今回のパーティ料理を作りながらつくづく思った。ちょっとの人数が集まるって言ったって、そうそう慌てない。だってうちは毎日そうだったもの。料理があるところに人は集まるんだと、祖母が言っていた通り、わたしは料理をしながら、いろんな人とつながって、とても素敵なことを体験している。
by AkikoNakamura | 2006-10-12 13:53 | fcstudio

姫りんごで焼きりんご

a0043319_9511963.jpgプラムほどの大きさの姫りんご。なかなかかわいい。
見た目はかなり好みのタイプです。










a0043319_9555497.jpg焼きりんごとコンポートを作ってみた。やっぱり丸ごとでしょ?でも、ちゃんと種はくり抜いてあります。りんごを煮ていると、部屋いっぱいにりんごの香りが広がり、アロマテラピーなみに心地いい。疲れている人にオススメです。
by AkikoNakamura | 2006-10-10 10:01 | ゆるベジ

秋の味覚2~石焼き芋ピーヒョロロ

a0043319_21403649.jpg
幼い頃、焼き芋が大好きで、ピーーーーという焼き芋屋の笛の音が聞こえるとそわそわとして100円ちょーだい!とおねだりしたものだった。(この貨幣価値に年代がビミョーに現れています)
たまに、姉がスイートポテトを作ってくれたりして。石焼き芋で作ったスイートポテトは特別に美味しいような気がしていました。

今や価格高騰が嘆かれる石焼き芋です。500円分と言ってもほんのひと切れぐらいしか買えません。(少し高すぎではないか?)
というわけで、作ってみました。ルクルーゼで石焼き芋。オーブンであらかじめ下焼きをしておいた石ころとお芋を鍋に入れてゆっくり1時間ほど。正真正銘のスローフードです。
ほっこほこですよ。
by AkikoNakamura | 2006-10-09 21:49 | ゆるベジ