ブログトップ | ログイン

estpanis&fcstudio

fcst.exblog.jp

アルガンオイル~オーガニックコスメ

a0043319_11171160.jpg
いただきもののアルガンオイル(写真左)、最高にお気に入りとなっている。モロッコのお土産にいただいたものだ。もともと、アルガンクリーム(写真右)を愛用していたけれど、今回いただいたオイルは純度が高いのかお肌の具合がめっきりよくなり、一皮むけたような気がする。
このアルガンクリームもなかなか秀逸で、ひどい手荒れやあかぎれの時もたっぷり塗って一晩でかなり回復する。アルガン、恐るべし。

アルガンオイルはモロッコでのみ栽培されているアルガンという木の実のオイルだ。アルガンの実はとても堅く、オイルを採取するのに非常に手間がかかるため値段も相当高価なものになる。

抗酸化作用が高く、アンチエイジングの効果も期待できるのだが、なかなか普及しないのは、値段によるものだと思う。食用と美容用の2タイプのオイルがあって、食用のアルガンオイルは芳しい香りと濃厚な味わいをたっぷり楽しむことができる。だが、100mlくらいの小瓶で4000~5000円!(高すぎ・・・)

私は20代の頃はけっこうコスメ好きで色々やっていたのだけれど、それなりに肌のトラブルも抱え、自分は敏感肌なんだと信じ込み、高級な基礎化粧品で念入りなお手入れなどもしていた。(今では信じられない・・・)
アレルギーに悩んだ時期に、自分の普段の生活の中の食べ物や薬や化粧品などを見直し、整理してみたことがある。
そして化粧品はオーガニックコスメに移行し、洗顔の後はローズウォーターとアルガンオイルというのに定着した。

色々お手入れしていた頃に比べても、今の方が絶対にお肌の調子はいいような気がしている。
あれは何だったんだろう、と今では思う。
アルガンオイルが高いって言ったって、化粧品のラインナップを揃えることを考えれば全然安いんだよね。
# by AkikoNakamura | 2010-03-24 11:49 | ゆるベジ

グルジア料理

a0043319_1321549.jpg
念願のグルジア料理を食べにいきました。この店は家の近くにあり、ずっとなんとなく気にかかっており、グルジア料理ってどんな料理だろう?と興味は募る一方だった。

以前はグルジア人(と思われる)人たちが集っていたりするぐらい、あまり繁盛しているというわけではなさそうだったが、あるテレビ番組でこのお店が取材されていて以来、けっこう賑わっている。

レストランというよりワインバーといった感じの店。今回は友人らを誘い行ってきました。
グルジアのチーズをはさんで焼いたフォカッチャのような石窯ピザのようなパンに私たちは大はしゃぎ。
ハチャプリというらしい。

「これならひとりで全部食べられる」
うちの家族は豪語しておりました。
スキムミルクのようなレトロなミルキー香が感じられるパンで、香りといいもちもち具合といい、相当ツボだったようです。

a0043319_1336079.jpg
グルジアはワインの発祥の地であるということから、ぜひグルジアワインを飲もうと思いオーダーする。カメの中で熟成して作られる古代方式の製法のワインらしい。

コニャックかと思われる琥珀色のとろりした質感。華やかな芳香。
なのに、びっくりするほど味わいはあっさりだ。とにかく、これは初めての味。

「日本では自分の家でワイン作っちゃいけないのね、グルジアでは、それは普通」
店の人は言う。
そういえば、聖書の中にも家の裏口にカメを並べてワインを作るはなしがあるし。
こういうワインだったのかな?と想像した。
# by AkikoNakamura | 2010-03-22 13:45 | 食べ歩き

世田谷散歩〜タビラコ

a0043319_1622325.jpg
友達のかなちゃんがカフェを開いたので遊びにいってきました。
松陰神社の駅の近く。世田谷線といえばずっと前に住んでいたことがある。電車の車両は新しくなり、パスモも使えるようにはなったけれど、特有ののどかな空気感は健在で、満腹の昼下がりだとついつい眠くなってしまいそうだ。
電車とはいえ、乗車時に清算するシステムはバスと同じ。昔は朝のラッシュ時などには、定期を運転手か車掌(!)のいる方向にかざしながら乗車したりしていた。すべてがすべて、ゆるゆるな、電車であった。

ゆるゆる気分なまま、かなちゃんのカフェに行く。「タビラコ」 花の名前だそうだ。
小窓から世田谷線の線路が見える。

こじんまりとしたかわいいお店。駅からすぐ。
著名なパン屋さん、スドウとは反対側に出て線路に沿ったところにあるお店です。
# by AkikoNakamura | 2010-03-19 16:06 | 食べ歩き

ソースアメリケーヌ

a0043319_2322729.jpg
今月のフレンチベーシックレッスンのメニュー。海老のムースとソースアメリケーヌ。ソースは手長海老を使って作ります。

みなさんにも好評なレシピ。お家でつくって喜ばれました!と言われることの多いメニューでもあります。
家族やお友達と楽しみがシェアできるということ点で、料理を趣味としている人たちはとても恵まれていると思います。
料理をつくる自分も楽しければ、それを食べる人も楽しい、
おいしくできればみんなハッピー♪
# by AkikoNakamura | 2010-03-13 23:12 | fcstudio

きょうのおべんとう

a0043319_1273649.jpg
きょうのお昼はとても簡単なおべんとう(いつものことですが・・・)
じゃがいもの煮物、キャベツの梅和え、卵焼き。
ごはんの上には昆布、梅、かつおふりかけと青のり。

なんてことないおべんとうです。

最近気に入っているのがこの昆布。奥井海生堂のわさび昆布、とろりと炊いてある昆布にぴりっとわさびが効いてる。〜福井県

かつおふりかけは先日の大阪行きの途中、富士宮のサービスエリアで買ったもの。山政のかつおでんぶ。ごく細かく削ったかつおに味付けがしてあり、ご飯に混ぜておかかごはんのおにぎりにしたり、青菜のおひたしなどを和えたり、色々に使っている。なくなったらお取り寄せしようか、考えている。〜静岡県

青のりはいただきもので、四万十川の青のりだ。香りが生き生きとしている。〜高知県

梅干しは昨年いただいた七折れの小梅を漬けたもの。小粒ながらしっとりとした肉質の梅。おべんとう用に最適な梅干しです。〜愛媛県

なんだか、日本うまいものめぐり、って感じのおべんとうになってしまった。
# by AkikoNakamura | 2010-03-12 12:31 | ゆるベジ

アルネ

a0043319_12493960.jpg
アルネが届きました。最後のアルネは「アルネのつくり方のアルネ」

大橋歩さんがアルネをつくることになったきっかけからはじまり、起こった出来事がありのままに描かれていて、思わず引き込まれてしまいました。

わたしも幾度かアルネに参加させていただいたことがある。
(クッキングのページのレシピ紹介~この時は自分でレシピのイラストを描いたのだった!)
あれから何年も経っているのに、こうして本を送っていただき、恐縮し、また、ありがたく、そして、とてもうれしかった。

自分の仕事についてとか、あれこれ思い悩み、試行錯誤して、もがいて、
なんだかな~、こんなんでいいんだろうか、くよくよ、みたいなことの繰り返しだったりするんだけど、

このアルネを読んで、なんとなく力強い気持ちになれた。
とにかく一歩ずつ、自分らしくやっていこう、
という気持ちになれた。
# by AkikoNakamura | 2010-03-10 13:21 | そのほか

インドカレー

a0043319_17155895.jpg
日本人はカレー好き。我が家もカレー好き。特に我が家はインドカレー好き。

そういえばインド料理レストラン、増えましたよね。ここにも、ここにもって感じ。まるで、インド経済の発展を見ているようです。

先日foodex(フードショー)の招待状をいただいたので、幕張メッセへ行って参りました。フランスのおもしろい食材を見つけたい、というのが目的でした。でも、意外とフランスブースは元気がなく、気になったのはこちらのカレースパイス。

玉ねぎやスパイスがペーストになっているので、あとは具材と水とかココナッツミルクを入れるだけ。20分くらいでできあがる手軽さ。急にカレーが食べたくなったときにもok!

早速作ってみましたけど
a0043319_17274911.jpg

なかなかおいしかったです。

ラムカレーペーストを使ってサグマトン、フィッシュカレーペーストを使って海老のココナッツミルクカレーをつくった。
ほうれん草は田中農園さんから届いた旬のものを茹でてからフードプロセッサーでペーストにして、冷凍ストック。
辛さもマイルドになると、最近我が家で大好評です。
# by AkikoNakamura | 2010-03-09 17:35 | おすすめ食材

ベーグル焼いた

a0043319_1545666.jpg
りんご酵母でつくったベーグル。
「ちょっと柔らかめに、ね。」
というリクエストにお応えして試作を重ねました。

水分量、発酵時間、茹で時間、焼き方。
ベーグルの場合、工夫どころは色々ある。簡単なようで微妙、微妙なようで簡単。

パンづくり全体に言えることだと思うけれど、ちょっとしたさじ加減、そのファジーな部分をどうとらえるか、っていうところにその人らしさがでるような気がする。
パンを見るとなんとなくわかる気がします、
「きちんとした人なんだな」「ゆるーい人なんだな」
っていうあたりのところが。

わたし好みは
「ゆるそうだけど意外ときっちり」
そのバランスが絶妙なほどいいんです。

それにしても、見た目、やはりベーグルはかわいい。
レッスンでもベーグルのときはみなさんのテンションあがりますから。
またしばらくハマりそうだなぁ。
# by AkikoNakamura | 2010-03-08 16:01 | エストパニス

ちょっとひと工夫

a0043319_19172112.jpg
いったい何をしているのでしょうか?
答え:ソースを作っています。

フォンドヴォーを煮詰めたりしてつくるソースは弱火でじっくりと加熱する必要があるのだけれど、日本製のガスレンジの火だと火力が強すぎることがあり、まして適当なソースパンがなく薄手の鍋で作ったりすると、即アウト!焦げちゃいます。

レッスンで作ったように家ではできない、ソースが丸焦げになった、などという体験談をよく聞きます。

そこでひと工夫。
フライパンの上に鍋を乗せて、弱火をつくっているのです。
このフライパンはダッチオーブンのスキレットなので空焚きが可能なもの。そういう鉄のフライパン等お持ちでしたら、ぜひ試してみてください。
# by AkikoNakamura | 2010-03-07 19:23 | 器、雑貨

休日

a0043319_2323571.jpg
休日の朝食だけはゆっくり、というのが我が家の習慣。ベーグルのリクエストがあったので、白神こだま酵母のベーグルを作りました。本日はシナモンレーズンとプレーンの2種類。

a0043319_22545696.jpg
朝食の後はのんびりお散歩。仕事のある日はほとんど一日じゅう青山にいるので、自分が住んでいる町というのは意外と知らない。
こんなところがあったなんて!軽く驚きながらの散策。

a0043319_2258018.jpg
東京デザインセンターのエントランスにある彫刻です。五反田の東口を出て国道1号線沿いにある印象的な建物。
突然異次元に入り込んだような気分になる。よく晴れた暖かい一日だったけれど、なんとなくモノクロで撮ってみたくなりました。

a0043319_23152411.jpg
ふきのとうを発見。コンクリートの街の真ん中で、ひょっこり、こんなものが!心にぽかっと風穴を開けてもらったようで、かなりさわやか気分。
# by AkikoNakamura | 2010-03-03 23:18 | ゆるベジ