ブログトップ | ログイン

estpanis&fcstudio

fcst.exblog.jp

テストベイク

a0043319_23214844.jpg
きょうはレッスンのお休みを利用してオーブンのテストベイクへ行ってきました。普段自分が作っているのと同じカンパーニュの生地を持参し、お目当てのドイツ製のオーブンで試し焼きをするというもの。

今までも国産の業務用のオーブンでのテストは何度か経験があり、オーブンが変わればパンが変わる、ということは知っていたので、今回はどんなパンになるのか、とても楽しみでした。

いつかパン屋さんを開くときにはこのメーカーのオーブンにしようと心に決めていた、ある意味あこがれのオーブンです。

fcstudioのキッチンで元気よく育ったりんご酵母が、いつの間にかすっかり成長し、外へ出て行きたくなったようで。
まだまだ先のことかと思っていたのだけれど、酵母の成長にせかされるよう、私も一歩足を踏み出すことになりました。7月にはいよいよパン屋さん開業となりそうです!
きょうのテストベイクのパンのお味、もうじき皆さんにもお披露目できそうです。
# by AkikoNakamura | 2010-04-28 23:41 | エストパニス

ホタルイカとフルーツトマトの春サラダ〜簡単レシピ

a0043319_16595945.jpg
春といえばホタルイカ。ホタルイカといえば酢みそ和え、なのでしょうか?
ホタルイカを買うと酢みそのパックがついていることが多いようですけれど。

わたしはホタルイカはオリーブオイルで調理するのが好きで、フルーツトマトとの相性もとても良い、と思う。フルーツトマトはそろそろ美味しくなり始めます、これからが食べどき!
というわけで、きょうはお気に入りのものを取り混ぜてみました。


ホタルイカとフルーツトマトの春サラダ

ホタルイカは茹でたものを使用。フルーツトマトは皮を湯むき。(←面倒だが、やはり湯むきするのが美味)
キャベツ、菜花など春野菜をさっと塩ゆでし、冷水に取って冷まし、水気をきる。
ワインビネガー大さじ1、マスタード大さじ1、塩小さじ1/2、こしょう、にんにくのみじん切り少々、ディル少々、オリーブオイル大さじ3を混ぜてソースを作る。
ボウルにすべての材料とソースを入れてざっと混ぜ合わせて盛りつける。
# by AkikoNakamura | 2010-04-27 17:17 | 簡単レシピ

やさしい酵母パンレッスン

a0043319_103433.jpg
昨日のレッスンは「やさしい酵母パン」
4月ということで、新しくこのレッスンをはじめる方も多数いらっしゃいましたので、メニューは超スタンダードメニューのバターロール生地。
ソーセージを中に入れてパン生地を巻いたソーセージスティックとチーズとベーコンを入れたミニ食パンを作りました。

パン作りの楽しさには色々ありますが、
パン生地に触れる心地よさ、
成形のときのモノづくりの楽しさ、
パンを焼くときのおいしそうな香り、
焼き立てパンのおいしさ、
誰かに焼いてあげたときに心底喜んでもらえるうれしさ、
などなど。

パンレッスンをしていると、みなさんとそういう喜びを共有できるというのも、また楽しさのひとつです。

きのうのみなさんの作品。なかなかの出来栄えです。
今回は「人生で初めてパンを焼く」という男性も参加していらっしゃいましたが、とても「初」とは思えません!
# by AkikoNakamura | 2010-04-26 10:19 | fcstudio

たけのこ続きで・・・

a0043319_17545391.jpg
今年、3度目のタケノコです。
「タケノコって、こんなにおいしかった?」
「今まで、特にタケノコ好きっていうわけでもなかったんだけど」
というような会話を何度したことか!

今年のタケノコは本当においしいと思います。
ぜひおすすめでございます。

赤ピーマンとタケノコのマリネ、
ほうれん草のサラダと海老のグリル。
それで、パンとワインっていう夕食でした。

a0043319_1758289.jpg
今朝のお弁当はタケノコとひき肉の炊き込みご飯。ちょっと釜飯風。
ひき肉とタケノコをお醤油、酒、だし少々で煮含めてあり、それを米の上にのせ、だし、さけ、醤油、塩、ちょっぴり薄味で炊き上げます。

先日買った炊飯釜がもっぱら手放せないパートナーとなっており、我が家の食事の満足度をぐっと高めてくれています。
ありがとう、お鍋。
# by AkikoNakamura | 2010-04-20 18:00 | 簡単レシピ

ことしのタケノコ

a0043319_1612339.jpg
天候不順で野菜の価格高騰が続いていますが、ことしのタケノコは安くておいしいような気がしませんか?

初めに頂き物のタケノコをゆで、あまりのおいしさに感動。それからというもの、もうすでに3度目のタケノコだ。
雨後のタケノコ、っていう言葉があるくらいだし、春に雨がたくさん降ると豊作になるのかな?

タケノコご飯、土佐煮、パスタ、オリーブオイルソテー、何をやってもおいしい。
きょうのおべんとうはタケノコご飯の上にカブの葉っぱを胡麻油炒めにしてのせてみました。
あと、ラディッシュのゆかり和えと卵焼き。

野菜たっぷりのお弁当になりました。
# by AkikoNakamura | 2010-04-15 16:08 | ゆるベジ

出張パン屋さん〜ちぇらうなぼるた

a0043319_14205143.jpg
桜が満開で、どこへ行っても春らしい光景が・・・のはずが、ちょっと曇り空なのが残念ですが。

着付け教室でお世話になっている南青山のちぇらうなぼるたさんでエストパニスのパンを販売させていただきました。
桜の季節に合わせた、「さくらの木の下でharuのよそおい」というイベントに飛び入り参加しちゃったのです。

カンパーニュとライ麦パンとパンドゥミ・ド・セーグル、そしてベーグル4種のパンを持って行きました。
けっこうたくさんあったのに、瞬く間に完売となりました。
どうもありがとうございます。
# by AkikoNakamura | 2010-04-04 14:30 | エストパニス

菜花とこんにゃくの胡麻油炒め〜超簡単レシピ

a0043319_11495551.jpg
久しぶりに田中農園さんから野菜ボックスが届いた。菜花が2種類入っている!春なんだなぁ、と思う。
寒さ続きと3月の長雨で野菜の生育は遅れているらしい。近所のスーパーで売っている野菜も高騰中だ。
田中さんはこういうときにもいつも通りの値段で送ってくれる。ありがたいことだと思う。

そんなことを考えながら作っていると、こんなのどかな一品が出来た。

菜花とこんにゃくの胡麻油炒め 山椒の香りづけ(超簡単!)

菜花(1束)は5㎝くらいに切りそろえる。
こんにゃく(1パック、200gくらい)は熱湯につけてアク抜きをする。
フライパンに胡麻油を熱し、菜花とこんにゃくを入れて軽く炒める。
酒大さじ2(ちょっとたっぷり)を加えて火を弱め、水分を飛ばしながら炒める。
さらに醤油を小さじ2加え、山椒をふり、ざっと混ぜて味をなじませる。

好みで鷹の爪、しょうがなどを加えてもいいし、ごまをふってもいい。
こんにゃくのかわりにちくわでもいい。
# by AkikoNakamura | 2010-04-02 12:00 | 簡単レシピ

飯炊釜

a0043319_23122522.jpg
田園調布まで所用があり出かけたので、うつわ屋さんの「いちょう」に立ち寄った。
そこで、目に止まったのがこの土鍋。ご飯炊き用のもの。
コロンとした形もかわいいし、暖かみのある色合いも気に入って購入しました。ひとつひとつ、ろくろを回して作っているというだけあって、ぬくもりある仕上がりです。

a0043319_2314478.jpg
内蓋つき。これが重要なポイントですね。
わたしは普段、ルクルーゼでご飯を炊いているのだけど、吹きこぼれが気になるし、炊いている間カタカタと蓋が音を立て続けているのも気になるときがある。
内蓋つきのご飯炊き土鍋は使っている人の評判も良く、ずっと欲しいと思ってました。
炊き方は超簡単。噴いてくるまで強火、あとは火を消して20分蒸らす。それだけ。

a0043319_23211388.jpg
驚きはこの鍋の内側。内部を炭化するまで焼き締めてあるそうで、炭を入れてご飯を炊いたときのような効果があるんだそうです。
ほほう。
釜の蓄熱もただ事じゃなく、火を止めてからもかなり長いことコトコトしてます。

a0043319_2325949.jpg
気になるご飯のお味ですか?
それは、もう。本当に。ふっくらもっちり、つやつやのご飯が炊けました。
お店の人が言っていた通り、ご飯をよそうときにも鍋肌に飯粒が残らない。
買ってよかった鍋でした。
# by AkikoNakamura | 2010-03-31 23:29 | 器、雑貨

個人レッスン

a0043319_16545565.jpg
復活祭の休みを使って日本旅行を楽しんでいるというイタリア人のアントニオさん。1週間しか滞在時間がない、という彼のために急遽個人レッスンを行うことになりました。(もちろんフランス語で。さすがにイタリア語はほとんど話せませんので...)

さすが、陽気なイタリア人! マンツーマンでたったふたりとは思えないほど楽しいレッスンになりました。
「すし、とかてんぷらとか以外の観光メニューではないものを習いたかったんだ」と大変喜んでくださいました。

フィレンツェ近郊に在住というアントニオさんは、自宅でも時々お料理をするそうです。
得意料理は?と聞くと
「オォ、ソースボロネーーゼ!」
と作り方まで教えてくれました。
なんと5時間も煮込むのだそうです。
「友達と飲みながらソースボロネーゼの作り方を自慢しあうんだけど、2時間くらい煮込むって言うやつもいる。
でもそれじゃ、足りないよ。ソースボロネーゼは黒くなるまで煮込まなくちゃいけないんだ。黒いってことが大事なんだ。」

なるほど、なるほど。
どんどん国際的になっていく日本料理レッスン、各国料理のインタビューも楽しくなってきました!
# by AkikoNakamura | 2010-03-29 17:06 | cuisine japonaise

パンのオーダー

a0043319_13554599.jpg
パンのオーダーをいただいたので、レーズンパンのプチパンを焼きました。
お年寄りのお集りのためのパンなので少々柔らかめにということを意識して作ってみました。
いつもは油脂を入れずに作ることが多いのだけれど、今回はバターを練り込み、しっとり柔らかいパンを目指しました。
気に入っていただけたかな?
# by AkikoNakamura | 2010-03-28 14:00 | エストパニス