ブログトップ | ログイン

estpanis&fcstudio

fcst.exblog.jp

カテゴリ:簡単レシピ( 11 )

シナモンレーズンパンのサンドウィッチ

a0043319_1805345.jpg
今月のやさしい酵母パンのメニューはシナモンレーズン食パン。fcstudioのメニューとしてはめずらしく、牛乳もバターも入ったリッチな生地のふんわり食パンです。レッスンの試作がたくさんできたので、わが家に持ち帰りサンドウィッチにしてみました。シナモンレーズンという甘いキーワードに惑わされず作ったのは、マスタードをたっぷり添えたルッコラとハムのサンドウィッチ。
これがなかなかいけます!
ハムとレーズンはいけるだろう、と想像した通り。パテやレバームースなどのサンドウィッチにしてもきっといけるだろうと思いました。
お口直しにはフランシス・ミオのオレンジジャムのサンドを添えて。やっぱりミオのオレンジジャムはおいしい。

ところで、シナモンが売れ切れ続出です。レッスンでたくさん使うので、と思い、買いに行き、探しまわって3軒目。テレビで毛細血管の修復によい、とか育毛によい、とか放送されたそうなのですが。本当かどうか......
急に売り場から消えるとほんとうに困ります。
by AkikoNakamura | 2010-05-11 18:13 | 簡単レシピ

ホタルイカとフルーツトマトの春サラダ〜簡単レシピ

a0043319_16595945.jpg
春といえばホタルイカ。ホタルイカといえば酢みそ和え、なのでしょうか?
ホタルイカを買うと酢みそのパックがついていることが多いようですけれど。

わたしはホタルイカはオリーブオイルで調理するのが好きで、フルーツトマトとの相性もとても良い、と思う。フルーツトマトはそろそろ美味しくなり始めます、これからが食べどき!
というわけで、きょうはお気に入りのものを取り混ぜてみました。


ホタルイカとフルーツトマトの春サラダ

ホタルイカは茹でたものを使用。フルーツトマトは皮を湯むき。(←面倒だが、やはり湯むきするのが美味)
キャベツ、菜花など春野菜をさっと塩ゆでし、冷水に取って冷まし、水気をきる。
ワインビネガー大さじ1、マスタード大さじ1、塩小さじ1/2、こしょう、にんにくのみじん切り少々、ディル少々、オリーブオイル大さじ3を混ぜてソースを作る。
ボウルにすべての材料とソースを入れてざっと混ぜ合わせて盛りつける。
by AkikoNakamura | 2010-04-27 17:17 | 簡単レシピ

たけのこ続きで・・・

a0043319_17545391.jpg
今年、3度目のタケノコです。
「タケノコって、こんなにおいしかった?」
「今まで、特にタケノコ好きっていうわけでもなかったんだけど」
というような会話を何度したことか!

今年のタケノコは本当においしいと思います。
ぜひおすすめでございます。

赤ピーマンとタケノコのマリネ、
ほうれん草のサラダと海老のグリル。
それで、パンとワインっていう夕食でした。

a0043319_1758289.jpg
今朝のお弁当はタケノコとひき肉の炊き込みご飯。ちょっと釜飯風。
ひき肉とタケノコをお醤油、酒、だし少々で煮含めてあり、それを米の上にのせ、だし、さけ、醤油、塩、ちょっぴり薄味で炊き上げます。

先日買った炊飯釜がもっぱら手放せないパートナーとなっており、我が家の食事の満足度をぐっと高めてくれています。
ありがとう、お鍋。
by AkikoNakamura | 2010-04-20 18:00 | 簡単レシピ

菜花とこんにゃくの胡麻油炒め〜超簡単レシピ

a0043319_11495551.jpg
久しぶりに田中農園さんから野菜ボックスが届いた。菜花が2種類入っている!春なんだなぁ、と思う。
寒さ続きと3月の長雨で野菜の生育は遅れているらしい。近所のスーパーで売っている野菜も高騰中だ。
田中さんはこういうときにもいつも通りの値段で送ってくれる。ありがたいことだと思う。

そんなことを考えながら作っていると、こんなのどかな一品が出来た。

菜花とこんにゃくの胡麻油炒め 山椒の香りづけ(超簡単!)

菜花(1束)は5㎝くらいに切りそろえる。
こんにゃく(1パック、200gくらい)は熱湯につけてアク抜きをする。
フライパンに胡麻油を熱し、菜花とこんにゃくを入れて軽く炒める。
酒大さじ2(ちょっとたっぷり)を加えて火を弱め、水分を飛ばしながら炒める。
さらに醤油を小さじ2加え、山椒をふり、ざっと混ぜて味をなじませる。

好みで鷹の爪、しょうがなどを加えてもいいし、ごまをふってもいい。
こんにゃくのかわりにちくわでもいい。
by AkikoNakamura | 2010-04-02 12:00 | 簡単レシピ

鶏粥~簡単レシピ

a0043319_11493612.jpg
先週の旅行以来、風邪気味なのか、食べすぎなのか、体調を壊してしまった。
うどん、おかゆといった病人食ばかり食べ続けて数日。

「少し、良くなってきたね」ということで、お粥に少々アレンジを加えることにした。
というので作ったのがこれです。
お粥は米から炊くのがよく、土鍋を使うといっそうおいしく仕上がります。
土鍋でことこと炊き上げたお粥は、火からおろしたあともずっとしばらく熱々のまま、ふうふう言いながらいただくお粥で癒し効果は高まります。

鶏粥

米1/2カップ、 水~米の5倍
鶏肉100グラム、赤酒(なければ酒かみりん)大さじ2、しょうゆ大さじ1、しょうが汁少々、ねぎ少々

米は洗って水と一緒に土鍋に入れてゆっくり炊く。(炊き上がるまでは混ぜない、混ぜすぎるとねばねばになります)
鶏肉は細かく刻んで赤酒と一緒に小鍋に入れてことこと煮る。
鶏肉に火が通ってきたら、しょうゆとしょうが汁を加えてさらに弱火で煮る。煮汁がほんの少しになるまで煮つめ、最後にきざみねぎを加える。

お粥の上にトッピングとして鶏の醤油煮をのせます。
by AkikoNakamura | 2010-02-24 12:01 | 簡単レシピ

ライ麦食パンのサンド〜簡単レシピ

a0043319_17373063.jpg
きょうのおべんとう
ライ麦食パンの地中海風BLTサンド

ライ麦食パンに粒マスタードとバターを塗る。
イタリアンサラミをのせ、レタスをたっぷり、オリーブとドライトマトをはさんで、マヨネーズを少々。
こしょうもふります。
できあがり。

こういうサンドウィッチはおべんとうの場合、パンと具がバラバラになってしまうとけっこう食べづらい。
時間があればぬれ布巾をかけ、重石をのせ、なんていうことも出来るけど、急いでいる朝にはムリ。
そんなときのために、わたしがやっていることは、

a0043319_17425341.jpg
1 ラップできっちり巻く。これが重石替わりになっているので、きっちり、というのが重要。

a0043319_17435716.jpg
2 ラップの上から切ります。

a0043319_17444212.jpg
3 断面を見せて、きれいに箱詰め。(ラップもつけたまま)
実はパンをスライスするときにも完全に切断せず、耳のところ、少しだけつなげてあるっていうのも重要。片手でパクパク食べられるくらいの感じが、おべんとうの時にはうれしい。

a0043319_17464274.jpg
きょうのパンは、今月の酵母パンとビストロ料理でつくるりんご酵母の「パンドゥミ・ ド・ セーグル」 ライ麦食パンです。
北海道産みのりの丘、茨城八郷産の有機小麦「農林」、フランスヴィロン社のライ麦「type130」の3種類を配合しています。
生地のときからいい香りです。パンを捏ねたあとの手の匂いを嗅いで、いい気持ちになってます。
こんがりとした焼き色がフランスっぽい?
by AkikoNakamura | 2010-02-12 17:38 | 簡単レシピ

ねぎレモンステーキ〜簡単レシピ

a0043319_1455016.jpg

「肉が食べたい」
気分になったらしく、家族が近所のスーパーで牛肉を買ってきた。
「これ、焼いてちょうだい」っていうことらしい。

折悪しく、フォンドヴォをきらしている。赤ワインはあるけど。
ブルーチーズもあるけど、そういうヘビーなソースの気分ではなく。
大根があればおろしステーキといきたいところだが、大根もない。

というわけで、思いつきでつくったのがこれです。

ねぎレモンステーキ
牛肉は塩こしょうをふり、十分に熱したフライパンに油をしいてジュジュッと両面を焼く。
(きょうのお肉は薄いので両面合わせて1分くらい)
肉を取り出し、フライパンの油は半分くらい捨てる。
ここに刻んだねぎ(1/2本分くらい)をたっぷりと入れ炒める。
レモン汁を大さじ1と赤酒大さじ1(もしくはみりん)を加えてちょっと煮詰める。
最後にしょうゆを少々(小さじ1くらい)加えてざっとからめる。
牛肉を皿に盛り、ねぎレモンソースをかける。

a0043319_1552639.jpg
フランス人クラスの残りものの鶏めしも一緒にいただきました。
和風居酒屋のような夜だった。
by AkikoNakamura | 2010-02-09 15:08 | 簡単レシピ

スモークサーモンのサンドウィッチ〜簡単レシピ

a0043319_135966.jpg
きのうのオリーブのパンを使ったきょうのおべんとう。
スモークサーモンのサンド。

小松菜をさっとオリーブオイルで炒めて冷ます。
大根を2、3枚薄切りにして(2mmくらい)マッチ棒切りにする。(時間があれば、冷水にさらしてシャキッとさせるとなおよい。)
オリーブのパンには横半分に切り込みを入れ、たっぷりと粒マスタードを塗る。
スモークサーモンにはレモン汁とこしょうを振りかける。

オリーブのパンに小松菜、スモークサーモン、大根をはさみ、好みで塩少々をふりかけ、クレソンをはさむ。
できあがり。

これもまた相当にいい感じでした。
田中農園さんから届く野菜が重要な役割を果たしており、事実、パンにオリーブオイルとマスタードを塗って、野菜をはさみ、塩をパラパラって感じでもう十分においしい。
朝なんで、簡単に、すませたいですし。

ひとつ問題なのは、昼まで待ちきれないときがある.....はやく....たべたい.....
ぐっとこらえて、昼まで待って、お湯をわかして紅茶を入れて、待ちに待ったお昼の時間。
いただきます、がぶっ
a0043319_16533276.jpg

by AkikoNakamura | 2010-01-29 14:27 | 簡単レシピ

ほうれんそうカレーのサンド

a0043319_1623564.jpg
おべんとうメニュー。
ほうれん草カレーのサンドウィッチ。きのうの夜がインドカレーだったので、残り物でおべんとうです。カレーとゆで卵とクレソンをはさむ。前日のカレーはほどよくペースト状になっていて、サンドウィッチに最適だった。
なかなかのヒットである。


a0043319_1704152.jpg
きのうの晩ご飯。
「久々にカレーが食べたい」とのリクエストにお応えしてつくりました。我が家ではカレーは薬膳的扱いなので、体調が悪かったりするとカレーにしようか、ということになる。実際、胃の調子がなんとなくすぐれない、とか二日酔いでなんとなくだるい、とかぐらいの感じならカレーで復活できる。

きのうは張り切って2種類。チキンとレンズ豆のカレーとサグマトン(ほうれん草と羊)
カレーのときのお米はタイの香り米を使っている。一度カレーを作ると、しばらくスパイスの香りが漂っていて、アジアン気分いっぱいです。
by AkikoNakamura | 2010-01-26 17:08 | 簡単レシピ

ブリのサンドウィッチ〜簡単レシピ

a0043319_13304798.jpg
きょうのお弁当
ブリのサンドウィッチ

ブリの切り身に塩こしょうをしてローズマリーと一緒にフライパンで焼く。
蓋をしめて、途中でひっくり返して中火で両面合わせて4、5分くらい焼く。(ブリの厚さによって時間は変わる)
パンに粒マスタードをたっぷり塗る。
ルッコラ、クレソン、からし菜とオリーブをはさみ、塩をふる。
ブリが焼けたらざくざくと切り分け、パンにはさむ。
オリーブオイルを少々ふりかける。
できあがり。

簡単ですが、なかなかおいしいです。クレソンやルッコラ等の辛み系の葉っぱがよく似合います。
きりっと冷えた白ワインと合わせてのんびりブランチと行きたいところですが、きょうはそうも行きません。しかしまた、忙しい仕事の合間にパソコンの前でむしゃむしゃするのが、こういうサンドウィッチだったりするっていうのもなかなか都会的でいいかも。

最近、ブリが安いですね、やっぱり旬ですからね。旬のものをいただきましょう。
by AkikoNakamura | 2010-01-22 13:44 | 簡単レシピ