ブログトップ | ログイン

estpanis&fcstudio

fcst.exblog.jp

飯炊釜

a0043319_23122522.jpg
田園調布まで所用があり出かけたので、うつわ屋さんの「いちょう」に立ち寄った。
そこで、目に止まったのがこの土鍋。ご飯炊き用のもの。
コロンとした形もかわいいし、暖かみのある色合いも気に入って購入しました。ひとつひとつ、ろくろを回して作っているというだけあって、ぬくもりある仕上がりです。

a0043319_2314478.jpg
内蓋つき。これが重要なポイントですね。
わたしは普段、ルクルーゼでご飯を炊いているのだけど、吹きこぼれが気になるし、炊いている間カタカタと蓋が音を立て続けているのも気になるときがある。
内蓋つきのご飯炊き土鍋は使っている人の評判も良く、ずっと欲しいと思ってました。
炊き方は超簡単。噴いてくるまで強火、あとは火を消して20分蒸らす。それだけ。

a0043319_23211388.jpg
驚きはこの鍋の内側。内部を炭化するまで焼き締めてあるそうで、炭を入れてご飯を炊いたときのような効果があるんだそうです。
ほほう。
釜の蓄熱もただ事じゃなく、火を止めてからもかなり長いことコトコトしてます。

a0043319_2325949.jpg
気になるご飯のお味ですか?
それは、もう。本当に。ふっくらもっちり、つやつやのご飯が炊けました。
お店の人が言っていた通り、ご飯をよそうときにも鍋肌に飯粒が残らない。
買ってよかった鍋でした。
by AkikoNakamura | 2010-03-31 23:29 | 器、雑貨
<< 菜花とこんにゃくの胡麻油炒め〜... 個人レッスン >>